お中元の時期はいつまで?高島屋や三越の早割セール期間は?

お中元はいつまでに贈る?

お中元の時期になると百貨店やデパートの広告をテレビや折込チラシを目にするので「そろそろかな?」と気づかされます。

ところが、近頃はデパートの『お中元早割セール』が6月前から始まるせいで、いつまでに贈るべきなのかを悩まされます。

お中元を贈る時期はいつからいつまでで、お得に買える割引期間はいつなのか?高島屋や三越・伊勢丹・大丸など人気百貨店のセール情報とあわせてまとめ。

スポンサーリンク

お中元の時期はいつからいつまで?

お中元を贈る時期は、7月1日から7月15日までが一般的と言われていますが、月遅れのお盆を行う地域(関西圏以西、北海道、北陸の一部)では8月15日まで「お中元」として贈ってもかまいません。

関東・名古屋など

7月1日から7月15日までに贈るのが一般的です。

関西・四国・福岡・北海道など

7月15日から8月15日までに贈るのが一般的です。

関東地区と関西地区で時期が違うのは

なぜ、関東と関西では、時期が違うのかと言うと使う「暦」が違うからです。

元々中元は「旧暦」の7月15日ということですが、関東ではお盆を「新暦」に行うので中元の時期は7月15日までと早くなります。

一方、関西ではお盆を旧暦に行うため、月遅れ(新暦と比べ約一か月遅れ)になることから中元を贈る時期が8月15日までOKということになります。

ですので、関西圏以西に住んでいる方が関東・東海方面の方にお中元を贈る場合、時期を間違えないようにすることが必要です。

ただ、このお中元を贈る時期は、百貨店などが6月頃からお中元シーズン到来のキャッチフレーズでCMを流す影響もあり、スタートは年々早くなる傾向にあるようです。

お中元の期間を過ぎたら

暑中見舞い・残暑見舞いとして贈る

お中元を贈る時期は前述の通りですが、もしも忘れたりして贈るタイミングが過ぎてしまった場合は、熨斗(のし)の上書きを変えて贈ります。

贈る日が7月16日から8月8日(立秋)までなら「暑中お見舞い」とし、8月9日から9月上旬までは「残暑お見舞い」として贈ります。

月遅れのお盆の地域なら

月遅れのお盆の地域(関西以西、四国、福岡、北海道)であれば、8月15日までは「御中元」で贈り、8月16日以降は「残暑見舞い」とします。

お中元をいつまでに贈るか時期はわかりました
ではいつ贈るのがお得になるんでしょう?

おもな百貨店・デパートのお中元期間

三越のお中元期間

関東
日本橋三越本店 6月1日(水)→8月1日(月)
銀座三越 6月1日(水)→7月25日(月)
恵比寿三越 6月1日(水)→7月26日(火)
多摩センター三越 6月10日(金)→7月28日(木)
千葉三越 6月1日(水)→8月1日(月)
その他 5月25日(水)→7月31日(日)
北海道
札幌三越 未定
名古屋
名古屋栄三越 未定
星ヶ丘三越 未定
中国
広島三越 未定
四国
高松三越 未定
松山三越 未定
ネット通販
三越オンラインストア
6月1日(水)→7月30日(土)

三越のお中元

高島屋のお中元期間

関東
5月25日(水)→7月24日(日)
各会場により開催期間が異なります。各会場ごとの詳細はこちら
関西
5月18日(水)→8月5日(金)
各会場により開催期間が異なります。各会場ごとの詳細はこちら
名古屋
JR名古屋タカシマヤ
6/2(木)→7/31(日)
ネット通販
高島屋オンラインストア
→8月5日(水)

高島屋のお中元2016

大丸のお中元期間

関東
大丸東京店 6月8日(水)→7月12日(火)
関西
大丸心斎橋店 未定
大丸梅田店 6月1日(水)→7月13日(水)
大丸京都店 未定
大丸神戸店 6月1日(水)→8月6日(土)
九州
大丸福岡天神店 5月20日(金)→6月5日(日)
※期間限定の早割セール(15→20%OFF+送料無料)
ネット通販
大丸松坂屋オンラインショッピング
→8月8日(水)

大丸・松坂屋のお中元

お中元の早割セール期間がお得

百貨店やデパートではお中元時期の2か月前くらいから特設会場を用意して、早割や早期購入特典などの期間限定セールをしているところが多く、その期間中に購入すると通常よりお得な価格で購入できます。

早割のセール期間は7月まで(6月中)にしているお店が多めで、とくに関西・中国・九州エリアの百貨店などはお中元需要を早めに獲得したい狙いもあり、セール時期を前倒しする傾向にあります。

そのため、同じ百貨店でも関東よりも関西の方が多めの割引や特典をつけるケースもあります。

ちなみにお中元の相場は・・・

お中元の相場金額

お中元の予算は3,000円→5,000円位のものが多いようですが、誰にいくらくらいのものを贈るかについては日頃お世話になっている度合いによって金額に差を付けるのが一般的です。

会社の上司

会社の上司

会社でお世話になっている上司へ贈るお中元は5,000円→10,000円程度が相場ですが、上司や自身の肩書きによってもランクが変わるので分相応のギフトを選ぶのが大切です。

義実家の両親

義実家の両親

結婚して初めてお中元を贈る方も多いようで、そのお相手は義理の両親というケースで、5,000円→10,000円が相場となっています。
初めての贈り物だと相場感覚がつかめないものですが、何年かして慣れてくると義両親の好みもわかって価格を抑える方も。

親戚・兄弟

兄弟同士やお付き合いがそれほど深くない親戚とのお中元はお互い贈ることもあり、3,000円→5,000円程度が相場となっています。

お中元は双方が贈り合うケースも多いので、あまり高価なものを贈ると相手が負担に感じることもあります。

ただ高い品を贈るのではなく、相手の趣味・嗜好をしっかりリサーチして「心のこもったもの」「相手が喜んでくれるもの」を贈ることがお財布に負担をかけず、永く良い関係を続けるコツです。

お中元やお歳暮は同じ商品でもお得に注文できる方法や時期があるので節約したい方はしっかりとチェックしておきましょう。

お中元はネット通販でさらにお得

百貨店やデパートでは、店舗販売とは別にネット通販でもお中元を取り扱っています。

ネット通販はローコストで運営できるので、通販限定の割引やポイント・オリジナルプレゼントなどがありほとんどの商品が全国送料無料で送れることもあり、早割とあわせるとさらにお得に注文できます。

お中元をネット通販で注文

商品券を金券ショップで買うのは?

百貨店・デパートのギフト券や商品券は金券ショップ(質屋・チケット屋)で販売されています。

が、人気百貨店の商品券は1→2%引きがほとんどで、JCBやVISAなどのギフト券も1.5%引きと大きな値引きはありません。

お中元やお歳暮の数が多いとそれなりにお得になりますが、ネットで購入してクレジットカードのポイントを付けるほうがおすすめです。

スポンサーリンク

ギフトクラブTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP