お中元の熨斗[のし]や手紙/挨拶文の書き方・渡し方マナーまとめ

お中元の渡し方マナー

スポンサーリンク

お中元の熨斗(のし)

のし紙の種類

お中元の品物には、白い掛け紙をかけ熨斗(のし)を付けて水引を結ぶのが正式な作法ですが、最近は掛け紙に熨斗や水引を印刷した「のし紙」がよく使われます。

のし紙にはいろいろ種類がありますが、お中元を贈るときには水引が紅白の蝶結び(花結び)になっているのし紙を使います。

お中元の熨斗(のし)紙~紅白蝶結びの水引

蝶結びは、簡単に結んだり解いたりが可能なので「何度あっても良い」という意味で、お中元・お歳暮・お祝い・祝賀行事などの際に良く使われます。

もちろん、お祝いでも結婚祝いや快気祝いなどは1度きりの「結びきり」にします。

名前(贈り主)の書き方

下段に名前を書きますが、個人や連名など各パターンによって違います

個人の場合
上段の「御中元」の文字よりやや小さめに、フルネームで書きます。
連名の場合
まず右側に役職の高い人や目上の人の名前を書き、その左側に役職の低い人や目下の人の名前を書きます
4名以上の連名
連名は3名を上限とします。4名以上になる場合は中央に代表者の名前を大きく書き、その左側に「外一同」と書くようにします。外一同の名前は中包に書いて入れます。
夫婦連名の場合
夫婦連名で贈る場合は、中央に姓を書き、その下に左右バランスよく二人の名前を書きます。
住所や会社名を書く場合
代表者の役職と名前を中央に大きく書きます。その右側に小さく住所や会社名を書くようにします。

喪中の場合はのしに注意

喪中にお中元を贈るのは大丈夫なのか気になるところですが、基本的には贈っても大丈夫です。

お中元はお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えるものであり、お祝い事の贈り物ではないので当方又は先方のどちらかが喪中の場合であっても贈ってかまいません。

喪中のお中元~水引・のしなしの白紙無地

ただ、贈り物にかけるのし紙には注意が必要です。

喪中の場合は、水引なしの白い無地の掛け紙に「御中元」と書いたものを使うのがマナーで、通常使う「紅白の蝶結びの水引」がついたのし(のし紙)を使うのは失礼にあたります。
デパートなどで注文する際は、相手が喪中であることを伝えるとそれに対応したのし紙で手配してくれます。

お中元の渡し方~手渡し/宅配便

お中元の渡し方には大きく分けて手渡しと宅急便で送るという二通りの方法がとられます。

もちろん直接「手渡し」するのがベストですが、最近は簡単の手配でき、スピーディに贈ってもらえる宅配便の利用が圧倒的に多いようです。

手渡しする時のマナー・注意点

手渡しをする際は直接お会いするので、基本のマナーとして髪型や服装など身なりを整えてからお伺いするのはもちろん、お会いしていただく時間をとっていただくことも配慮する必要があります。

お伺いする前に電話で連絡

事前に電話で連絡

遅くとも前日までには、電話でお伺いしたい旨もお伝えして、先方の了解を得てから訪問するのがマナーです。

訪問時間は、早朝や夜間・お食事の時間帯を避けるべきですので、午前中なら10時~11時、午後なら14時~16時頃に予定を入れてもらうのがおすすめです。

贈り物の渡し方マナー

お中元の渡し方~手渡し

お中元だけでなく贈り物を手渡しする場合は、購入したデパートなどの紙袋で持参してもかまいませんが、できれば風呂敷に包みなおして持参するのがベターです。

また、紙袋で持参する際は必ず品物を袋から出して、相手からお中元の表書きが読める向きにして、両手でお渡しするのが正しい渡し方です。
紙袋に入れたままお渡しするのはマナー違反ですので注意しましょう。

ご挨拶の言葉を添える

お中元のご挨拶~感謝やお礼の言葉

手渡しする際には、日ごろの感謝やお礼の言葉と本日お伺いした旨(お中元をお渡ししに来たこと)を一言、ご挨拶して贈り物をお渡しします。

ご挨拶文例

  • 「日頃よりいろいろとお世話になっております。形ばかりですが、お礼の気持ちです」
  • 「大変お世話になりました。心ばかりのものですがお届けにあがりました」
  • 「いつもお世話になり、ありがとうございます。
     心ばかりではございますが、夏のご挨拶をお持ちいたしました」

宅配便で贈るときのマナー・注意点

宅配便で送る場合も、ただ送付するだけではなくきちんとしたマナーがあるので、相手の方に失礼にならないよう下記のようなポイントを気をつけましょう。

手紙(添え状・送り状)をつける

お中元の手紙(添え状・送り状)

宅配便を利用して贈る場合は、手紙(添え状・送り状)を同封するか、ネットの通販などで注文した場合は別便で郵送するのがマナーです。

同封するときはとくに問題はありませんが、郵送をするときにはお中元の品物が届く前に送り状が届くようにします。

ただし、兄弟や親戚など親しい間柄でのやりとりでは、手紙ではなく電話で伝えるだけというケースも多くあります。

お中元の手紙~構成と文例

手紙(添え状・送り状)にも手渡しのご挨拶と同様に「お世話になっていることへの感謝とお礼」と「お中元を贈ったことの報告」がメインとなります。

その他は通常の手紙マナーと変わりませんので、前に「頭語」「時候のご挨拶」後ろに「締めの言葉」「結語」を続けます。

頭語の文例
拝啓・謹啓
時候のご挨拶の文例
  • 盛夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • 暑気厳しき折柄、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 大暑の候、皆様におかれましてはますますご清祥のことと。
  • 酷暑の折、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
感謝・お礼の文例
  • 平素は何かとお世話になり、心よりお礼申し上げます。
  • 日ごろよりひとかたならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。
  • いつも何かとお気遣いをいただきまして誠にありがとうございます。
お中元報告の文例
つきましては、
  • お中元のおしるしとして、日頃のお礼に○○をお送りいたしました。
  • 心ばかりの品ではございますが、別便にて○○をお送りいたしました。
  • ささやかではございますが、別便にてお中元の粗品をお送りいたしました。
締めの言葉の文例
  • これからも猛暑が続きますので、どうぞお身体をご自愛くださいませ。
  • 略儀ながら、お中元のご挨拶とさせていただきます。
  • 書中をもちましてお中元のご挨拶を申し上げます。
結語の文例
敬具・敬白・拝具・草々不一
スポンサーリンク

ギフトクラブTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP