お中元のお返しマナー~お礼状・のしは時期で書き方に注意!

お中元のお返しお礼状

お中元をいただいた際に贈るお返しの「のし」や「お礼状」は贈る時期によって書き方が変わりきます。

そのほかにも、お返しにお礼状も必要なのか?いつまでに贈るのがよいのか?のしの種類や書き方は?部下からのお中元のお返しは?お返しする品の金額の目安は?など気になるお中元マナーについてよくあるギモンをまとめてみました。

スポンサーリンク

お中元のお返しは必要?

部下へのお中元のお返し

お中元は、日ごろお世話になっている方への感謝とお礼の品ですので「お返しはしなくてもよい」という考え方もあります。

とくに、会社の部下などからもらったお中元には「お礼状」のみで済ませる方も少なくありません。

部下からのお中元にはお返しナシ

目上の方・同等の方へのお返し

お中元をいただいたのが目上の方(会社の上司や義両親)からや、地位・立場が同等の方(親戚・会社の取引先など)からいただいた場合はお返しをするのが一般的です。

お中元のお返しとお礼状

お中元のお返しナシならお礼状は必須

お中元のお返しを贈らない場合は、いただいた品物に対しての『お礼状』を送るのがマナーです。

お返しとお礼状どちらも必要?

すぐにお返しを送る場合は、お礼状はなしで直接品物を贈るケースが多いようです。

ただし、お中元のお返しを贈る際も、日にちが開いたり、目上の方からお中元をいただいた場合はお礼状を先に送り、その内容に「本日お返しの品を送らせていただきました」という一文を入れておくのが丁寧な対応となります。

お中元にはお返しもお礼状も必要?

お中元お礼状の書き方は?

お中元のお礼状は手紙?はがき?

ご年配の方など目上の方へは縦書きの手紙(封筒)で送るのがおすすめですが、丁寧な字でお礼の気持ちが伝わる文章であれば、はがきの横書きでも問題はありません。

お中元にはお返しもお礼状も必要?

お礼状の構成と文例

文章は典型的なお礼文になるので、『頭語』にはじまり『時候の挨拶』『お中元のお礼』『結びの言葉』そして『結語』といった流れになります。

頭語
手紙の初めにくる言葉
拝啓・拝呈・謹啓・謹呈など
時候の挨拶
季節を題材にしたご挨拶文
  • 盛暑の折、ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。
  • 初夏の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 梅雨が明け、暑い日が続きますがおかわりございませんでしょうか。
お中元のお礼
お中元に対してのお礼の気持ちを伝えます。
  • このたびは結構なお中元の品をいただき、お心づかい誠に感謝しております。
  • 本日、お中元の品が届きました。いつもお気遣いいただき誠にありがとうございます。
  • このたびは、ご丁重なお中元の品をいただき、心より感謝しております。
結びの言葉
暑中ですのでお相手の健康を気遣う文章にします。
  • 皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛ください。
    まずは取り急ぎ御礼まで。
  • 暑さ厳しき折、くれぐれもお体にお気をつけください。
    略儀ながら書中にてお礼申し上げます。
  • 猛暑が続きますので、皆さまお体に気をつけてお過ごしください。
    取り急ぎお礼まで。
結語
手紙の〆の言葉
敬具・敬白・拝具・謹言・敬白など

お中元のお返しはいつまでに?

お礼の電話・メールはその日に

お中元が届いたらその日中に贈り主の方へ届いた旨とお礼の連絡をするのがマナーです。

早めのお返し対応

お中元をいただいたら、なるべく早めにお返しの品を用意して送るのがおすすめです。

お中元の時期は7月15日までとされているので、それまでにお返しを贈れればベストです。

もし、時期を過ぎてしまった場合は熨斗(のし)の表書きを替える必要があります。

お中元のお返しはいつまで?

熨斗(のし)の種類と書き方

お中元のお返し~のし紙・水引の種類

お中元のお返しも何度もあってもよいおめでたいものですから、何度も結びなおせる『蝶結び』の水引が描かれたのし紙を使うのがマナーです。

時期で違う!お中元お返しの表書き

お中元として届いたものに、こちらもそのまま『お中元』の表書きで品物を贈るのは問題ありませんが、時期によって『暑中御見舞』『残暑御見舞』に替えるのが一般的です。

7月15日の中元まで
御中元
7月15日~8月7日(8日)の立秋まで
暑中御見舞
8月7日~8月23日の処暑まで
残暑御見舞

お中元/暑中御見舞/残暑御見舞

お返しの品~金額の相場は?

お返しの品にかける金額の相場は贈られた相手や内容によっても変わります。

贈り先別の具体的なお返しについては以下のような相場になっています。

義実家の両親へのお返し

義実家の両親に贈るお中元は5,000円~10,000円が相場となっています。

結婚祝いや出産祝いではいただいたお金や品物の半額、いわゆる「半返し」が一般的ではありますが、お歳暮やお中元では同額でお返しする場合が多いようです。

お返しということで説明しましたが、目上の方へのお中元は自分から先に贈るのが礼儀です。

親戚や兄弟へのお返し

身内や親戚の間でもお中元やお歳暮のやりとりは同額の品でのお返しが一般的です。

また、お中元の金額についてもあまり高く(負担に)ならないよう、お互いに決めている場合も多いようです。

会社の上司や目上の方へのお返し

お中元は通常、お世話になった方へ贈るものですので会社の上司から贈られることはほとんどありませんが、もし贈られた場合は速やかにお礼の電話をするのが重要です。

金額については同額がおすすめですが、あまり高いようなら少し下げた(相手より高くなりすぎない)ぐらいのお返しが無難です。

会社によっては暗黙のルールで『お返し不要のボーナス』的な扱いの場合もあるので、初めて上司からお中元などを贈られた場合は、先輩社員などに相談してみましょう。

会社の部下へのお返し

会社関係のお中元で多いのがやはり部下から贈られるケース。

この場合は基本的に「お返しはなしでお礼状のみ」というケースが多くなりますが、お返しをする場合は同額の品にするのが一般的です。

上司なのでもらった品物より高いものを返したくなりますが「次回からは不要です」という意味になるので気をつけましょう。

次回からが本当に不要であればお礼状にその旨を記しておくのがマナーです。

また、会社の規定で社内間でのお歳暮やお中元を禁止している場合もあるのでそのあたりもきちんとチェックしておくのが大切です。

スポンサーリンク

ギフトクラブTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP