出産祝いの相場金額は?渡す時期や祝儀袋の書き方マナーまとめ

出産祝いご祝儀の相場

出産祝いをお金(現金)で渡す時に気をつけたい時期(タイミング)や封筒・御祝儀袋の書き方などのマナーと気になるお祝い金の相場金額をまとめ。

スポンサーリンク

出産祝いの相場金額

身内(両親・義両親から息子・娘へ)

両親(義両親)からの出産祝いで渡すお金(金額)は、5万円から100万円まで家庭や地域によって違うため幅がありますが、一番多い価格帯は10万円で最低でも5万円~となっています。

お金だけでなく両親からはそのほかにも、ベビーベッドやベビーカー・お宮参りの衣装など赤ちゃん関連の道具一式を贈ることもあり、総額では20万円~の予算を見ておくのがおすすめです。

身内(祖父母から孫へ)

孫への出産祝いも状況によりピンからキリで、外孫か内孫かでも変わりますが、平均的には2~3万円が相場となっています。

身内(兄弟・姉妹)

兄弟など身内同士での出産祝い金の相場は、1万円が一般的で多いところでも3万円までとなっています。

まだ両親と同居している独身者の場合は、親からのお祝い金だけで済ませたり、兄弟姉妹でお互いに「なし」にしているところもあります。

親族(叔父伯母から甥姪へ)

甥・姪への出産祝い金は10,000円~が相場となっていますが、自身の立場・肩書きによっては2~3万円までを予算に検討するのがおすすめです。

親族の間では、お祝いのお返しも含めて金額にルールを決めているところもあるので確認しておくようにしましょう。

親族(いとこ同士)

いとこ同士の出産祝いは普段からのお付き合いがあるかどうかがポイントで、よくあう方なら5,000円程度が相場で、あまりお付き合いが無いようであれば「なし」ということも。

会社(上司から部下へ)

上司から部下への出産祝いは役職や肩書きにもよりますが、5,000円~10,000円までが一般的な相場となっています。

会社(職場の同僚へ)

職場の同僚への出産祝いは、1人で渡すなら3,000円~5,000円、複数のグループで渡すなら5,000円~10,000円が相場になります。

出産祝いを渡す時期・タイミングはいつまでに?

出産祝いは生後7日後から1カ月までに

赤ちゃんが生まれると7日目に『お七夜』が行われ、命名書に子どもの名前が書かれます。

そして、生後1か月目に『お宮参り』をし、そのタイミングで出産祝いのお返し(出産内祝い)を贈ることが多いため、出産祝いは生後1週間~1ヵ月の間に渡すのが一般的です。

生まれる前の出産祝いはNG

出産祝いを渡すタイミングとして、出産前は避けましょう。

安定期に入ってもなにが起こるかわからないのが出産ですので、無事生まれたあとに渡すのがマナーです。

とくに出産前は肉体的にも精神的にも大変な時期ですので心遣いを。

出産前は大変ですのでお祝は生まれた後で

出産祝いもお日柄は大安で~仏滅・赤口はNG

出産祝いを渡す日や時間も、できればお日柄のよい日がおすすめです。

もちろん、大安が最適ですし、お祝い事ですので友引でもかまいません。先勝であれば時間は午前中にお渡しするのがおすすめです。

逆に、仏滅や赤口は縁起もよくないので極力避けるようにしましょう。

半年後など時期が遅れた場合

出産祝いを手渡ししようと思ったけどなかなか時間がとれず、渡す時期が過ぎてしまったということも。

1ヵ月程度なら遅れたことをお詫びして渡しても大丈夫ですが、4か月~6か月も過ぎた場合は出産祝いよりも『0.5歳の誕生日祝い』などとして渡すのがよいかもしれません。

どちらにしても、相手の方はお返しを別で用意しなくてはならないので、お宮参りの時期までにお渡しするのが喜ばれます。

生後1ヵ月のお宮参りの時期までが出産祝いを渡すタイミング

出産祝いご祝儀袋(のし袋)の種類・書き方

ご祝儀袋~水引の種類~

ご祝儀袋の種類は

  • 一度結ぶと固くてほどけない『結び切り』
  • 何度でも結んで解いてができる『蝶結び』

の大きく2つがありますが、出産は人生で何度あってもよい祝い事ですので『蝶結び』の水引を使用します。

出産祝いの祝儀袋(水引)は蝶結びがマナー

ご祝儀袋の書き方~表書き・連名・筆ペン

出産祝いで使うご祝儀袋の表書きは「御祝」「御出産祝」などとし、下段に差出人の名前を書きます。

夫婦連名で送る場合は、姓をひとつ書きその下に名前をそれぞれ書くのが一般的です。

会社の同僚や友人など複数人でまとめて渡す場合は、○○一同にします。

ご祝儀袋には筆ペンなどの毛筆で書くのがマナーで、お祝い事は濃いめの墨(不祝儀は薄墨)を使います。

出産祝い金を郵送で送るのはマナー違反?

遠方の場合は郵送でもOK

出産祝いを手渡ししたいけど「遠く離れていてなかなか会えない」「忙しくて時間がとれない」そんな場合は、お祝い金を郵送で送ってもマナー違反ではありません。

出産祝いは郵送でも送れます

ただし、現金は普通郵便では送れないので・・・

現金書留に手紙・メッセージを添えて

ご祝儀袋が入るサイズの封筒に入れて現金書留で送ればなんの問題もありません。

あわせてお祝いのメッセージや手紙を同梱しておくのがおすすめです。

封筒の宛名は両親?赤ちゃん?

出産祝いの送り先(宛名)を両親にするのか、赤ちゃんの名前にするのか悩むかたもおられますが、基本は「親」の名前で構いません。

親の名前も奥さんの友人や同僚であれば、奥さんの宛名でいいですし、旦那さんとどちらも面識がある場合は連名で出しても差し支えありません。

スポンサーリンク

ギフトクラブTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP